天気予報

25

15

みん経トピックス

宇都宮・大谷石の蔵で織物展「顔上げ」プロジェクト進む

声優・橘田いずみさん、「宇都宮愉快市民」に-ギョーザPRの功績讃え異例の抜擢

  • 0
声優・橘田いずみさん、「宇都宮愉快市民」に-ギョーザPRの功績讃え異例の抜擢

「宇都宮愉快市民」に任命された橘田さん(中央)と、佐藤市長(左)、ミヤリー(右)

写真を拡大 地図を拡大

 宇都宮市が9月29日、ギョーザ評論家としても活躍する声優の橘田いずみさんを「宇都宮愉快市民」に任命した。

愉快市民証を手に抱負を語る橘田さん

 昨年11月から「宇都宮餃子会」の「宇都宮餃子PR特命アンバサダー」も務める橘田さん(ブシロードメディア所属)。これまで、「宇都宮餃子祭り」をはじめ各種のイベントに参加し、同市のギョーザの消費量日本一奪還や市のPRに貢献したことが認められた。

 「宇都宮愉快市民」は、都市ブランドの浸透を目指す同市がキャッチコピーとして掲げる「住めば愉快だ宇都宮」のもと、各界で活躍する市出身者や市在住者を、市が「愉快市民」として任命する取り組み。市と本人のPRを併せて広く行うことで「宇都宮市民」としての誇りを育むことを目指す同取組みは2009年に始まり、これまでに33人が任命されている。同市出身の女子プロサッカー選手・安藤梢さんや鮫島彩さんらも名を連ねる。

 橘田さんは34人目の「愉快市民」として任命されたが、宇都宮市出身でも在住でもない橘田さんが抜擢されるのは異例のこと。市広報広聴課都市ブランドグループ担当者は「今年5月に出版されたグルメ本『橘田いずみのザ・餃子』でも、宇都宮の特集ページを設けて紹介してくれており、その出版記念イベントも当市で行ってくれた。アニメ『ロボットガールズZ』では、ゲストキャラクターとして登場する当市のマスコットキャラクター『ミヤリー』の声も担当してくれている」と、その貢献度や今後の期待度が高いことを理由に挙げる。

 市役所で行われた「任命セレモニー」に「この日のために間に合わせた」というギョーザ柄の着物姿で臨んだ橘田さん。佐藤栄一市長から「愉快市民証」「愉快ピンバッジ」「PR用名刺」などを手渡されると、「子どものころからギョーザが好きで、高校時代には変わった人と思われていたが、『ギョーザの街』があると知って自分が認められたと思った。宇都宮市民になりたくて、本気で住まい探しや通勤時間の計算をしたが、事務所に止められた」などと話し笑いを誘った。

 橘田さんから著書と「世界で2本しかない特注品」というギョーザ柄のネクタイをプレゼントされた佐藤市長は「こんなに『宇都宮餃子』をPRしてくれている人はいない。今後もさらにパワーアップして全国に広めてほしい」と期待を寄せる。

 今年11月1日・2日に開催される「宇都宮餃子祭り2014」では、橘田さんが考案したオリジナルギョーザも登場する予定という。

グローバルフォトニュース