天気予報

25

15

みん経トピックス

「おじさんの顔」浮上日決定宇都宮で旧車展示イベント

ツインリンクもてぎでバイク限定の模型コンテスト-12回目の開催

  • 0
ツインリンクもてぎでバイク限定の模型コンテスト-12回目の開催

細部まで再現されたバイク模型が数多く展示された

写真を拡大 地図を拡大

 ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町桧山)の「ホンダコレクションホール」で12月7日、バイク模型限定のコンテスト「モデラーGP(ジー・ピー)2014」が開催された。

ホンダコレクションホールで往年のF1やバイクと一緒に展示されるバイク模型

 12回目の開催となる同イベント。模型のコンテストの中でもバイクに限定したイベントは珍しいというが、今回は100人近くのエントリーがあり、遠くは秋田、広島、高知などからの参加者も。コンテストは参加者と見学者による投票方式で行われ、この日はMFJ日本モーターサイクルスポーツ協会会長、大島裕志さんのトークショーも開かれた。

 同イベント実行委員会代表の小原賢晃さんは、「もともとはインターネット上のオフ会として始まったイベントだったが、実際にみんなの作った模型を見たいという思いがあった。その後、ホンダコレクションホールの協力もあり、4回目からはこの場所で年1回開催している」と話す。

 「当初は模型製作の初心者でも参加できるイベントとして考えていたが、年を追うごとにパーツを手作りする人も増え、限りなく実車に近いものを仕上げてくる人もいる」と小原さん。中には、リヤタイヤを回すとチェーンが動くという、細かいところまで再現している模型もあった。「この会場には実際にレースで使われたバイクの実車も多数展示されている。忠実に再現するために何度も足を運んで細部の確認をして、模型の完成度を高めている人もいる」とも。

 「参加者は、レースが好きな人、バイクに乗っている人、かつてバイクに乗っていた人などさまざま。模型を作る人が減っているともいわれているが、バイク模型の魅力が伝えられれば」と早くも来年の開催に意気込む。

グローバルフォトニュース