天気予報

29

22

みん経トピックス

宇都宮でミヤラン参加者募集宇都宮・自転車教室3万人に

栃木県交響楽団が第98回定期演奏会-指揮者に末廣誠さん招く

  • 0
栃木県交響楽団が第98回定期演奏会-指揮者に末廣誠さん招く

定期演奏会への来場を呼び掛ける廣田さん(左)高山さん(中央)四ノ宮さん(右)

写真を拡大 地図を拡大

 栃木県交響楽団は2月1日、宇都宮市文化会館(宇都宮市明保野町7)大ホールで第98回定期演奏会を開く。

第98回となる栃木県交響楽団の定期演奏会

 1970(昭和45)年に結成された同楽団。宇都宮市を中心とした定期演奏会の他、県内各地で演奏会を行うなど、アマチュアオーケストラとして地域密着の活動を続けている。

 同楽団でフルートを担当する四ノ宮直史さんによると、「定期演奏会は、結成当初は年1回だったこともあるようだが、現在は年2回開催している。来年には100回を迎える歴史ある楽団」という。現在、演奏活動に参加している楽団員は100人ほどで、毎週木曜に市文化会館の練習室で練習を行っている。

 今回の演奏会では、指揮者に末廣誠さんを招き、前半にモーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」、後半にマーラーの交響曲第1番「巨人」を演奏する。

 同じくフルートを担当する廣田綾矢子さんは、「『ハフナー』はモーツァルトの曲の中でも華やかな曲。4楽章のうち最初と最後の楽章しかフルートの出番がない曲だが、演奏で楽しい雰囲気を出せれば」と意気込む。バイオリンを担当する高山明美さんは、「演奏する人数が、『ハフナー』は50人ほど、『巨人』では100人ほどになる。雰囲気も全く異なる曲だが、見た目の構成の違いも楽しんでほしい」と話す。

 四ノ宮さんは、「『巨人』は通常4楽章で演奏されることが多いが、今回は普段あまり演奏されない『花の章』も加えて5楽章で演奏する。珍しい演奏なので、ぜひ多くの方に聴きに来てほしい」と呼び掛ける。

 開場13時30分、開演14時。チケット料金は、一般=前売り1,200円、当日券1,500円、小中高生=前売り600円、当日券800円。宇都宮市文化会館、栃木県総合文化センターのほかチケットぴあでも扱う。

グローバルフォトニュース