天気予報

28

19

みん経トピックス

宇都宮で「宮っこフェスタ」宇都宮で「親善大使」4期生

宇都宮で街歩き型イベント「あ、もみじずき」開催-「もみじ通り」「あずき坂」合同で

  • 0
宇都宮で街歩き型イベント「あ、もみじずき」開催-「もみじ通り」「あずき坂」合同で

イベントに参加する「どる屋」落合さん(左)、「OWL」荒川さん夫妻(中)、「ギャラリーハンナ」トーマスあす子さん(右)

写真を拡大 地図を拡大

 宇都宮の「もみじ通り」と「あずき坂」をつなぐエリア(宇都宮市松が峰2~西3周辺)で10月11日、地域内の店が合同で行うイベント「あ、もみじずき」が開催される。

新しい企画として「顔出し看板」が12カ所に用意される

 市役所から「市役所前通り」を西に向かうと「あずき坂」。さらに西へ東京街道を渡ると、「もみじ通り」へとつながる。決してにぎやかとは言えない通りだが、ここ数年は飲食店や総菜店、子ども服店、カフェ、ドーナツ店、楽器店など、若いオーナーによる出店が相次ぎ、若者に人気のエリアとなっている。

 そうした若いオーナーたちによって、「『街歩き』をしながら地域の店を知ってもらおう」と企画された同イベント。昨年に続き2回目の開催。イベント名は、通りの名称の「あずき坂」と「もみじ通り」を組み合わせて付けられた。昨年12店だった参加店は、地域外からの同日限りの出店も合わせると24店に倍増し、店ごとに工夫を凝らした「限定メニュー」などを用意する。

 今年から参加の「らあめん厨房どる屋」では「真菰筍(マコモダケ)の秋ラーメン」(850円)を30食限定で提供する。同店オーナーの落合泰知さんは「この時期の1カ月しか採れないマコモダケと、牛肉のチャーシューを盛り付けた。ぜひ味わってほしい」と自信を見せる。

 同じく今年から参加のカフェ「OWL(アウル)」では、「ベイクドチーズケーキ」と「黒糖プリン」にドリンクをセットにした「OWLおやつセット」(500円)を用意する。「どちらも当店で人気のスイーツ。通常サイズより少し小さくなるが両方をセットにし手頃な価格に抑えた」と同店オーナーの荒川裕利さん。

 さらに今年は新しい企画として、エリア内12カ所に「顔出し看板」を設置。看板の準備を担当したギャラリーハンナのトーマスあす子さんは、「看板のどこかにキーワードとなる文字が隠されている。全部回ってキーワードを完成させ、どこかの顔出し看板で撮影した写真と合わせてイベント公式フェイスブックページに投稿すると、ちょっとしたプレゼントがもらえる」と説明する。「看板を探して歩くだけでなく、撮った写真をメールで送ったり、ブログに掲載したりして楽しんでほしい」と話し、それによって地域の情報が発信されることに期待を寄せる。

 同日開催される「宮っこフェスタ2014」ともタイアップし、子どもたちの職業体験に地域内の4店が協力するほか、「スタンプラリー」では「ビルススタジオ」が受け付け会場となり、中心街から足を延ばしてもらう仕掛けにもなっている。

 あす子さんらは「店が出張してテントを並べて行うイベントとは異なり、このイベントは実際の店舗を回ってもらい、店頭でもてなすことができるのが大きな違い。たくさんの人に来ていただいて、地域のことや店のことを知ってもらいたい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時(開始時間は店によって異なる)。駐車場は、もみじ通り共同駐車場、宇都宮市役所、栃木銀行本店(当日に限る)などが利用可。

グローバルフォトニュース