天気予報

20

8

みん経トピックス

宇都宮でイルミ点灯式宇都宮で二荒山神社演武

宇都宮でリオ五輪祝賀パレード開催へ 水泳の萩野選手らが凱旋

宇都宮でリオ五輪祝賀パレード開催へ 水泳の萩野選手らが凱旋

リオ五輪「県民祝賀パレード」が行われるシンボルロード

写真を拡大 地図を拡大

 宇都宮のシンボルロードで12月4日、リオ五輪で活躍した地元選手による「県民祝賀パレード」が行われる。

リオ五輪「県民祝賀パレード」の開催を知らせるポスター

 この夏、ブラジル・リオデジャネイロで行われたオリンピック・パラリンピックで活躍した栃木県出身の選手を招く同イベント。10時に市役所で出発式を行い、10時20分から11時までの約40分間、県庁に向かってパレードする。到着後の11時10分からは、県庁議会棟1階ロビーで県民栄誉賞、県スポーツ功労賞授与式を行う。

 参加する選手は、オリンピックの競泳男子400メートル個人メドレーで金メダル、200メートル個人メドレーで銀メダル、4×200メートルフリーリレーで銅メダルを獲得した萩野公介選手(小山市出身)、競泳女子の400メートル個人メドレーで8位に入賞した清水咲子選手(大田原市出身)、パラリンピックの車いすテニス男子ダブルスで4位に入賞した眞田卓選手(那須塩原市出身)の3人。

 パレードには萩野選手、清水選手の母校である作新学院高等学校の水泳部の生徒が横断幕を持って参加。チアリーディング部の生徒も、選手たちの到着を出迎える。このほか、栃木県警音楽隊がマーチングバンドとして参加しパレードを盛り上げる。

 シンボルロードは当日10時20分~11時、全面通行止めとなる。

グローバルフォトニュース