天気予報

24

20

みん経トピックス

オーガニックマルシェ開催栃木・益子で藍染めショー

栃木・那須の堤防で「よささウォーク」開催へ 那須水害の教訓伝える

  • 0
栃木・那須の堤防で「よささウォーク」開催へ 那須水害の教訓伝える

「よささウォーク」参加を呼び掛けるポスター

写真を拡大 地図を拡大

 余笹川ふれあい公園(那須郡那須町寺子乙)で9月27日、「よささウォーク2015」が開催される。主催は「余笹川流域連携ネットワーク」。

 1998年8月、余笹川流域で発生した大規模水害の教訓を次世代に伝えていこうと、2003年から開催している同イベントは今年で13回目。復興整備された堤防で自然や河川に親しむ、気軽に参加できるウォーキングイベント。

 同団体事務局長の福田一郎さんは「今月は県内でも大きな水害が発生した。那須町でも大きな水害を教訓に河川の整備を行ってきた。当イベントを通じ、多くの人が水害を思い出すことで日頃の備えにも一役買っている」と話す。

 当日は、同会場を発着点に余笹川沿い堤防を歩く、下余笹橋までの5キロ、赤沼公園までの10キロ、協和橋までの20キロの3コースを設定。完歩者を対象に抽選で賞品も用意する。

 福田さんは「事前申し込み不要なので、ぜひたくさんの人に参加してほしい。会場では『那須九尾まつり』も開かれているので、ゴール後にはこちらのイベントも楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。

 8時30分受付開始、9時スタート。参加無料。

グローバルフォトニュース